古代オリエントの統一とイラン文明

オリエント統一王朝

北メソポタミアに興ったアッシリアは鉄製武器や戦車などを用い前7世紀前半にオリエントを統一した。アッシリアは国内を州に分け、駅伝制を実施し、各地に総督を置いて統治した。しかし重税と圧政によって諸民族の反乱を招き、前612年に帝国は崩壊した。アッシリアの滅亡後オリエントにはイラン高原のメディア、世界初の金属貨幣を用いたリディア、エジプト、新バビロニアの4王国が分立した。

前6世紀にイラン人のキュロス2世アケメネス朝を興し、前539年にバビロンを開城してユダヤ人を解放した。3代のダレイオス1世はオリエントを統一し、各州に知事(サトラップ)をおいて統治した。また、各地に「王の目」「王の耳」と呼ばれる監察官を巡回させ、「王の道」と呼ばれる国道をつくり駅伝制を整備した。

アケメネス朝の行政上の首都はスサに置かれたが、祭儀のための都としてペルセポリスが建設されるなど、アケメネス朝には4つの都が存在した。

アケメネス朝は前5世紀にペルシア戦争でギリシア人に敗れ、最後は前330年アレクサンドロス大王によって征服された。

パルティアとササン朝

アレクサンドロス大王の没後、ギリシア系のセレウコス朝がオリエントに成立した。その後、前3世紀半ばにアム川上流でギリシア人が独立してバクトリアを、カスピ海南部でイラン人のアルサケスパルティア(安息)を建国した。

224年、イラン系のアルダシール1世ササン朝を建国し、パルティアを破った。その後、パルティアと同じくクテシフォンに都を定め、ゾロアスター教を国教とした。2第皇帝のシャープール1世は、西方ではローマを破って皇帝ヴァレリアヌスを捕らえ、東方ではクシャーナ朝を破るなど強勢を極めた。

6世紀半ばのホスロー1世の時代にビザンツ帝国と争い、また騎馬遊牧民の突厥と結んでエフタルを滅ぼし、全盛期を迎えた。しかし、ホスロー1世の没後次第に衰えていき、642年ニハ―ヴァンドの戦いでアラビア半島から進出してきたイスラーム勢力に敗れ、651年に滅亡した。

イラン文化

ゾロアスター教(拝火教)は、世界は善神アフラ=マズダと悪神アーリマンの争いの場であるとする主教であり、アケメネス朝の時代からイラン人に信仰されていた。ササン朝の時代に『アヴェスター』が編纂され、ゾロアスター教の教典とされた。3世紀には宗教家のマニがゾロアスター教・キリスト教・仏教を融合させてマニ教を創始した。マニ教は国内では弾圧されたが、北アフリカや、中央アジア、唐代の中国などに伝播していった。

ササン朝時代には美術や工芸の分野が発展し、ガラス器や陶器の技術や模様が中国を経て日本に伝来した。代表例として法隆寺の猪子狩文錦や正倉院の漆胡瓶などが挙げられる。

古代オリエント世界

メソポタミアの統一

メソポタミアでは前3500年頃シュメール人が出現し、前2700年頃までにウルウルク、ラガシュなどの都市国家を建設した。シュメール人はウルにジッグラト(聖塔)を建設し、宗教の権威により統治する神権政治を行った。

24世紀にセム語系アッカド人がメソポタミアやシリアの都市国家を征服し、統一国家をつくった。アッカド王朝の滅亡後、セム語系のアムル人バビロン第一王朝を興した。ハンムラビ王の時代に全メソポタミアを統一し、同害復讐の原則と身分別の刑罰を特徴とするハンムラビ法典を制定した。

17世紀頃アナトリア(小アジア)印欧語系ヒッタイトが国家を建設した。世界で初めて鉄製武器を使用し、メソポタミアに遠征してバビロン第一王朝を滅ぼし、シリアでエジプトと争うなど強勢を誇ったが前13世紀頃ギリシア・エーゲ海方面から進出してきた海の民によって滅亡した。

バビロン第一王朝の滅亡後、メソポタミア北部にはミタンニ王国が興り、南部にはカッシート人が侵入しバビロニアを支配した。

メソポタミアではシュメール人が発明した楔形文字を他の民族も使用した。また、六十進法太陰暦なども誕生し、実用的な学問が発達した。

エジプト統一王朝

エジプトではギリシアの歴史家ヘロドトスが「エジプトはナイルのたまもの」と記したようにナイル川の増減水を利用し盛んに農業がおこなわれた。ナイル川流域には多くの州(ノモス)が形成され、エジプトを統治する王(ファラオ)による神権政治がおこなわれた。以後1600年以上統一王朝が続くが、そのうち特に繁栄した時代はそれぞれ古王国中王国新王国と呼ばれる。古王国時代はメンフィスを都とし、クフ王らがピラミッドを築かせた。都をテーベに移した中王国では、末期に遊牧民のヒクソスが侵入しエジプトを支配した。前16世紀に新王国が成立しヒクソスを追放、さらにシリアに進出した。アメンホテプ4世(イクナートン)は都をテル=エル=アマルナに定め、従来のアモン=ラーを中心とする多神教からアトン神の一神教への宗教改革をおこなった。王の死後宗教改革は頓挫したが、都では写実的なアマルナ美術が開花した。

古代エジプト文化

エジプトでは太陽神ラーを主神とする宗教が興り、新王国時代にはテーベの守護神アモンと結びつきアモン=ラー信仰が盛んになった。エジプト人は霊魂の不滅と死後の世界を信じてミイラをつくり、「死者の書」を死者とともに埋葬した。

ナポレオンのエジプト遠征中にロゼッタ=ストーンが発見された。石碑の上段に神聖文字(ヒエログリフ)、中段に民用文字(デモティック)、下段にギリシア文字が記されており、ギリシア文字を手掛かりにフランスのシャンポリオンが解読した。当時神聖文字は碑文や石棺、民用文字は紙の一種であるパピルスに用いられた。

エジプトでは測地術が発達し、ギリシア幾何学の基になった。また、前30世紀頃から太陽暦が用いられるようになり、これはのちにローマで採用されユリウス暦となった。

地中海東岸の諸民族

古くから交通の要衝であったシリア・パレスチナ地方では前13世紀頃にエジプト・ヒッタイトの勢力が弱まったのを機にセム語系の諸民族が活動を開始した。

アラム人は前1200年頃からダマスクスを中心に内陸都市を結ぶ中継貿易を行った。そのためアラム語は国際商業語として広く使われ、アラム文字はヘブライ文字やアラビア文字、ウイグル文字など多くの文字の源流になった。

フェニキア人シドンティルスなどの都市国家をつくって地中海貿易を独占し、北アフリカのカルタゴなど多くの植民都市を建設した。カナーン人の表音文字から作られたフェニキア文字は、ギリシアに伝わりアルファベットの起源になった。

遊牧民であったヘブライ人は前1500年頃パレスチナに定住し、一部はエジプトに移住した。しかし、エジプトでは圧政に苦しみ、前13世紀にモーセに率いられパレスチナへ脱出した(出エジプト)。前1000年頃ヘブライ人は王国をつくり栄えたが、ソロモン王の死後イスラエル王国ユダ王国に分裂した。イスラエル王国は前722年にアッシリアに滅ぼされ、ユダ王国は前586年に新バビロニアに征服され住民の多くがバビロンに連行された(バビロン捕囚)。ヘブライ人は唯一神ヤハウェを信仰し、選民思想や救世主(メシア)を待望する思想が生まれた。バビロンから解放された後イェルサレムにヤハウェの神殿を再興し、ユダヤ教が確立した。

先史時代

人類の進化

人類が文字を発明し、歴史に記録を残すようになるまでの時代を先史時代という。約700万年前アフリカに出現した猿人(アウストラロピテクスなど)が人類の起源とされる。猿人は直立二足歩行を特徴とし、礫石器などの打製石器を用いた。

240万年前、アフリカにホモ=ハビリスやホモ=エレクトゥス(ジャワ原人北京原人など)に代表される原人が出現し、ヨーロッパやアジアにまで分布を広げた。ホモ=エレクトゥスハンドアックスなどの改良された打製石器や火、言語などを使用した。

60万年前になるとドイツで発見されたネアンデルタール人に代表される旧人が出現した。旧人は剥片石器を用い、埋葬の風習を始めた。

20万年前、アフリカに現生人類(ホモ=サピエンス)に属する新人が出現した。中国の周口店上洞人やフランスのクロマニョン人に代表され、骨角器を用い、フランスのラスコーやスペインのアルタミラなどに洞穴絵画を残した。

農耕・牧畜の開始

約1万年前に氷河期が終わり、気候が温暖になると人類は農耕・牧畜を始めた。石斧や石臼などの磨製石器を用いるようになり、これにより人類史は以前までの旧石器時代から新石器時代へと移行した。

人類が農耕・牧畜を始めた結果、狩猟を中心とする獲得経済から生産経済へ移行し、人口が飛躍的に増大した。前3500年ごろにはメソポタミアで水を人工的に供給する灌漑農業が始まった。この結果多くの人が定住し、都市国家が生まれた。武器や工具などの金属器がつくられ、政治を記録するために文字が発明された。ここから人類史は歴史時代へと入っていく。