第一助動詞(be,have,do)

通常文の述部に置かれ、直後に準動詞を伴い、疑問文では文頭に置かれる語のことを助動詞(auxiliary verb)といい、なかでも be,have,do を第一助動詞という。否定文の場合は基本的にいずれも助動詞と準動詞の間に否定語 not を置く。ただし、have been ~ やmust have  ~ など助動詞を併用する場合、否定語は助動詞同士の間に置く。 続きを読む 第一助動詞(be,have,do)