比較級・最上級の語形

形容詞、副詞を語形変化させることによって、2つまたは3つ以上の事物の性質や状態を比較することができる。比較表現には、2つの事物の性質や状態が同程度であることを表す同等比較と、2つまたは3つ以上の事物の内、より(最も)優れている、あるいは劣っているということを表す優劣比較が存在する。同等比較には形容詞、副詞の原級、優劣比較には比較級または最上級を用いる。

規則変化

比較級・最上級には規則的に変化するものと不規則に変化するものがある。規則変化するものは、語尾が比較級であれば -er、最上級であれば -est になる語と、原級の前に比較級であれば more、最上級であれば most を置く語がある。

-er,-est

規則変化する語のうち、1音節の語や2音節の語の一部は語尾が変化する。

  • 大抵の語…語尾に -er,-est
  • 語尾が e …語尾に -r,-st
  • 語尾が子音字+y … 語尾の y を i に変えて -er,-est
  • 語尾が短母音+1子音字… 語尾の子音字を重ねて -er,-est

more,most

2音節の語の大部分や3音節以上の語、語尾が -ly,-ing,-ful などの語は原級の直前にmore(most)が置かれる。

規則変化する形容詞・副詞の例

原級比較級最上級
highhigherhighest
talltallertallest
clevercleverercleverest
noblenoblernoblest
hothotterhottest
prettyprettierprettiest
selfishmore selfishmost selfish
usefulmore usefulmost useful
importantmore importantmost important
quicklymore quicklymost quickly

不規則変化

不規則変化する形容詞・副詞の例

原級比較級最上級
good,wellbetterbest
bad,illworseworst
many,muchmoremost
littlelessleast

2通りの変化をする形容詞・副詞の例

far – farther – farthest (距離が)遠い

far – further – furthest (程度が)遠い=よりいっそう

late – later – latest (時間が)遅い

late – latter – last (順序が)遅い

old – older – oldest (年齢・古さが)古い

old – elder – eldest (兄弟姉妹の間で)年長の

投稿日: カテゴリー 英文法