数詞

数量形容詞の内、確定的な数量を表すものを数詞(numeral)という。数詞はさらに基数詞序数詞倍数詞の3種類に分けられる。

基数詞、序数詞

物事の数を表す語を基数詞という。基数詞は形容詞の他、名詞としても用いられる。

一方、物事の順序を表す語を序数詞という。序数は通常、定冠詞 the とともに用いられる。

基数と序数の例

基数序数
1onefirst
2twosecond
3threethird
4fourfourth
5fivefifth
6sixsixth
7sevenseventh
8eighteighth
9nineninth
10tententh
11eleveneleventh
12twelvetwelfth
13thirteenthirteenth
14fourteenfourteenth
15fifteenfifteenth
16sixteensixteenth
17seventeenseventeenth
18eighteeneighteenth
19nineteennineteenth
20twentytwentieth
21twenty-onetwenty-first
30thirtythirtieth
40fourtyfourtieth
100one hundredone hundredth
1000one thousandone thousandth
100万one millionone millionth
10億one billionone billionth
1兆one trillionone trillionth

  • 0は zero あるいは naught、0番目は zeroth となる。
  • 21以降の数では下2桁と下1桁はハイフンで結ばれる。
  • 4以降の序数は基数に -th が付いたものが多い。ただし、基数の語尾が y で終わるものは y を ie に変える。その他、fifth,eighth,ninth,twelfth などの綴りも注意が必要。
  • 21以降の序数は下1桁を序数にする。(下1桁が0の場合を除く)
  • 100以降の数を表す場合、例えば1234であれば one thousand two hundred and thirty-four のようになる。ただし、特にアメリカ英語においては and はしばしば省略される。
  • one hundred,one thousand などの one はしばしば a に置き換えられる。
  • 表中の10億、1兆の表記はアメリカ式。イギリス式では10億は one thousand million、1兆は one billion となる(ただし、現在ではイギリスにおいても基本的にアメリカ式が用いられている)。

倍数詞

度数(回数)や倍数を表す語を倍数詞という。

度数

  • 1度…once
  • 2度…twice,two times
  • 3度…thrice,three times
  • 4度以降…基数詞+times
  • 何度も…many times

倍数

倍数表現は度数表現に加えて以下のようにも表される。

  • 2倍…twofold,double
  • 3倍…threefold,triple
  • 4倍以降…順に fourfold,fivefold,sixfold…またはquadruple,quintuple,sextuple,septuple,octuple,nonuple,decuple…

その他

分数、小数

分数を数詞を用いて表す場合、分子を基数、分母を序数とし、分子が複数の場合、序数の語尾に s を付ける。例えば、1/3 は one third、2/5 は two fifths のようになる。ただし、1/2(半分)は half となり、分母の 4 には fourth のほか quarter も用いられる。

小数を表す場合、小数点は point または decimal と読み、小数点以下は一桁ずつ発音する。例えば、12.34 は twelve point[decimal] three four と表す。

数式、記号の読み方

  • +…plus,and
  • -…minus
  • ×…times,multiplied by
  • ÷…divided by
  • =…equal
  • <…less than
  • >…greater than
  • 2乗…square
  • 3乗…cube
  • 4乗以降…to the 序数
  • √…square root
  • 累乗根…序数 root
  • //…be parallel to
  • ⊥…be orthogonal to
  • ≡…be congruent to
  • ∽…be similar to
  • Σ…summation
  • Π…product
  • ∫…integral
+plus

dozen,score

12のことを dozen,20のことを score と表すことがある(いずれも名詞、形容詞的にも用いられる)。例えば、three dozen egg で「卵36個(3ダース)」、a score of years で「20年」という意味を表す。また、複数形にすることで漠然と「多数」を表す(≒many)。

投稿日: カテゴリー 英文法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です